胃の働きが悪くなると口臭が発生する理由

口臭の原因には歯肉炎・歯周病などの他、病気によって引き起こる場合もあります。
特に「胃」です。

口の中の環境だけでなく、胃の環境によって中から臭いが出る場合も多々あります。

特に仕事などでストレスが何ヶ月もかかっている場合に、ストレス性の胃炎などで口臭になる場合があります。

こういった口臭については、もちろん胃の状態が根本的な原因なのでまずはストレス対策というのが重要となります。人生たいていのことは振り返れば大したことないことだと思って気を紛らわせるならそうする方が健康には良いです。

そうはいってもストレスをコントロールするのは難しいですよね。

そういう場合には対処療法的ですが、ガムを噛んだりバラサプリなどで香り付けするのが一番簡単な口臭対策になります。

ちなみに胃の臭いが直接口に上がってきて口臭となるわけではありません。

というのも人間の身体は良く出来ていて、胃や食道から口へ逆流しないように基本的には下部括約筋で閉じられているからです。

それでは何故胃が悪いと口臭が酷くなるかというと、胃の働きが悪いことによって食べたものが胃の内部で発酵してしまい、臭いの元となる成分が発生します。

この成分が血液中に溶けだし、循環して肺まで行った時に肺に臭いがたまります。

これが呼吸で口に出てきて口臭となるのです。

まあどんな理由にせよ、胃の機能が悪くなっているときに口臭になりやすいのは事実ですから、胃を荒らしている要因を排除することが根本的な口臭対策になります。

対処療法でお手軽なのはガムを噛んだり、バラサプリを飲むことですね。

胃が悪いと口臭になる理由関連ページ

Copyright © 2010 - 2014 薔薇(バラ)のサプリメント≪希少価値の高いダマスクローズの香りが人気≫ All Rights Reserved.